アメジストの思い出

洋楽和訳たまに考察ブログ

【和訳】evermore / Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

発売前から「あのエミリ・ディキンソンのオマージュか!?」と話題になっていたアルバム『Evermore』。なぜならエミリが愛するスー・ギルバートに送った手紙の末尾も”forevermore!(永遠に!)”の言葉で締めくくられているから。

アルバムタイトルを冠すこの曲も、死を見つめることで生の極地を味わうような詩がディキンソンの影響を感じられます。
和訳のあとにちょっとした解説があります。

 

 

evermore / Taylor Swift(テイラー・スウィフト

作詞:Taylor Swift, William Bowery, Justin Vernon

 

Gray November
灰色の11月
I've been down since July
7月からずっと落ち込み続けてる
*1 Motion capture put me in a bad light
モーションキャプチャーは私の状況を悪くしたわ
I replay my footsteps on each stepping stone
踏み石を歩く音を再生して

trying to find the one where I went wrong
どこで間違えたか探り当てようとしてる
Writing letters addressed to the fire
手紙を書いて火に投げ込む

 

And I was catching my breath
息を整えていた
Staring out an open window
開いた窓の外を見つめて
*2 catching my death
自分の死を感じて
And I couldn't be sure
確信は持てなかった
I had a feeling so peculiar
すごく妙な予感がしていた
That this pain would be for evermore
この痛みは永遠に続くだろうと

 

Hey December
こんにちは 12月
guess I'm feeling unmoored
気分にムラがあるの
Can't remember what I used to fight for
何のために戦っていたか思い出せない
I rewind thе tape but all it does is pause
on thе very moment all was lost
テープを巻き戻すけど、すべてが失われたまさにその瞬間で停止してしまう
Sending signals to be double crossed
裏切り者を知らせる信号を送る


And I was catching my breath
裸足で息を整えていた
barefoot in the wildest winter
荒涼とした冬の中で
catching my death
自分の死を感じて
And I couldn't be sure
確信は持てなかった
I had a feeling so peculiar
すごく妙な予感がしていた
That this pain would be for evermore
この痛みは永遠に続くだろうと
(evermore)
永遠に

 

Can't think of all the cost and the things that will be lost
全てのコストを考えることはできない
失うものについても
Oh, can we just get a pause to be certain
ああ 確信するために少し休むのもいいだろう
we'll be tall again
僕たちはまた立ち上がれる
Whether weather be the frost
霜が下りる寒さでも
or the violence of the dog days
暴力的な猛暑でも
I'm on waves, out being tossed
僕は波に乗っている 波に持ち上げられてる
Is there a line that I could just go cross?
越えて行けるラインはあるのだろうか?

 

And when I was shipwrecked (Can't think of all the cost)
そして難破したときに(全てのコストを考えることはできない)
I thought of you (All the things that will be lost now)
あなたのことを考えていた(今失われる全てについても)
In the cracks of light (Can we just get a pause?)
光の裂け目に(少し休まないか?)
I dreamed of you (To be certain we'll be tall again, if you think of all the costs)
あなたの夢を見たの(また立ち上がれると確信するために)
It was real enough (Whether weather be the frost)
それは十分リアルだった(霜が下りる寒さでも)
To get me through (Or the violence of the dog days)
この試練を乗り切るために(暴力的な猛暑でも)
(Or the violence of the dog days)
(暴力的な猛暑でも)
(I’m on waves, being tossed)
(僕は波に乗っている 波に持ち上げられてる)
(I'm on waves, out being tossed)
(僕は波に乗っている 波に持ち上げられてる)
I swear (Is there a line that we could just go cross?)
誓うわ(越えて行けるラインはあるのだろうか?)
you were there
あなたはそこにいた

 

And I was catching my breath
息を整えていた
Floors of a cabin creaking under my step
足元でキャビンの床が軋む
And I couldn't be sure
確信は持てなかった
I had a feeling so peculiar
すごく妙な予感がしていた
this pain wouldn't be for
evermore
この痛みは永遠に続かないだろうと
evermore
永遠に
evermore
永遠に
This pain wouldn't be for evermore
この痛みは永遠に続かないだろうと
evermore
永遠に

 

 

 

解説

*1 Motion capture put me in a bad light
モーションキャプチャーは私の状況を悪くした

 

モーションキャプチャーってこういうの↓

https://miro.medium.com/max/700/1*2vTRWKgHK1L-3EEC5YwuCQ.jpeg

画僧引用元:3D Motion Capture Market and its key opportunities and challenges | by Patricia Holloway | Medium

 

明らかにテイラーが出演した実写版キャッツのことですね。

『Folklore』の"The 1"でも自虐していたし、そんなに出演を後悔しているの…?

彼女の歌とダンスシーンは素晴らしかったのに!!(挿入歌も)

 

*2 catching my death
自分の死を感じて

catch one's deathは「ひどい風邪を引く」という意味で、通常は薄着で出歩く人などに「風邪引くよ!」と警告で使うそうです。おそらく言葉遊びなので、今回は文脈的に文字通り訳してみました。

 

 難破して溺れる経験を通して希望を見出すという世界観は、"Clean"の歌詞に通じるものがあると思いました。

 

関連記事:

mirrorball-taylor.hatenablog.com